投資用マンションを大規模修繕工事として神奈川で行えた範囲と料金

投資用マンションを大規模修繕工事

投資用マンションを大規模修繕工事 / フルリフォーム、リノベーションに相当する工事でこの価格 / メリットを十分に感じました

投資用マンションを大規模修繕工事をすることがタイミング的に良いと感じたとき、神奈川の物件なので、地元のリフォーム会社を探すことになりました。
その当時は既にインターネットが普及をしていたので、パソコンから数々の会社を比較検討してみました。
自宅ではなく賃貸用の物件として貸すことを目的にしているマンションなので、豪華絢爛ではなく、シンプルで標準的な大規模修繕工事を希望したと同時に、できるだけ格安で施工を依頼できる会社を探しました。
施工範囲は普通に考えて全てです。
玄関内のタイルから通路の床、全室の床とクロス、和室の畳も対象です。
トイレとバスルーム、洗面所とキッチンなどの水回りスペースも全てを新品にするという内容です。
逆に手を加えない箇所は窓ガラスとサッシ、ドアと新築当初から設置されていた造作家具です。
これ以外は全てを対象にした大規模修繕工事なので、かなりの料金が掛かることは予測できました。
購入額は既に家賃収入でプラスに転じている状態だったので、出費は仕方のないものと判断したのですが、希望は安く施工してもらえることのみです。
インターネットには大規模修繕工事に対応している便利なウェブサイトを見つけることができました。